• 本

アンジャッシュ渡部の大人のための「いい店」選び方の極意

SB新書 422

出版社名 SBクリエイティブ
出版年月 2018年1月
ISBNコード 978-4-7973-9451-1
4-7973-9451-X
税込価格 880円
頁数・縦 215P 18cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

目の前におとしたい女性やクライアント、もしくは上司や部下、あるいは大事な家族や友達がいるとき、「いい店」を知っていると最強の武器になります。本書は芸能界のアテンド王として確固たる地位を確立している著者による、「いい店」の探し方から店でいい客になってひいきされる方法、そしてデート・会食・出張などにおすすめのいい店を紹介する1冊です。

目次

第1章 「いい店」とは?―いきなり教えます!渡部がたどりついた「いい店」基準
第2章 誰よりも早く「いい店」を知る方法―食べログだけでは探せない!SNSと口コミを使い倒して情報を手に入れろ
第3章 渡部流えこひいきされる客になる究極技―店に気に入られてこそうまいものが食べられる
第4章 人生が変わる店の選び方・使い方―思い通りに相手をおとす店使いマル秘テクニック
第5章 「いい店」で酒を楽しむ―「料理」と「酒」の相性を堪能する
第6章 渡部流シチュエーション別店紹介―デート・会食・出張等の店選び

おすすめコメント

アンジャッシュ渡部のいい店の見つけ方 芸能界最強のアテンド王、アンジャッシュ渡部が教える いい店の見つけ方、いい店でひいきされるの店の使い方とは?   「うまい店」と「いい店」は違う。 「いい店」とは「味」「値段」「サービス」「予約の取りやすさ」 そして誰かを誘うときのキャッチコピーがある「キャッチ度」が高い店をいう。 いい店を知っていれば、デートでも友人とでもよいコミュニケーションが図れるが、実はいい店を知っているということは、ビジネスの上でも大きな武器になる。 食はえこひいきの文化。 すべての客にまったく同じものが提供されることはない。店にひいきされる客が、よりうまいものを食べられるのだ。 そうであるなら店にひいきされる「いい客」とはどんな客か。どんな風に店を使えば、店に愛され、よりうまいものを食べられるのか。 年間500軒を食べ歩く最強のグルメ王渡部建が、これについて、おすすめの「いい店」の紹介も行いながらはじめて新書で書き下す。

著者紹介

渡部 建 (ワタベ ケン)  
1972年、東京・八王子生まれ。1993年、神奈川大学在学中に高校の同級生であった児嶋一哉に誘われ、お笑いコンビ「アンジャッシュ」を結成。2003年、NHK「爆笑オンエアバトル」五代目チャンピオンに輝き、日本テレビ「エンタの神様」などネタ番組では“コント仕掛け”のスペシャリストと呼ばれる。テレビやラジオなど多くのレギュラー番組を持ち幅広く活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)