• 本

奇跡の人

双葉文庫 は−26−02

出版社名 双葉社
出版年月 2018年1月
ISBNコード 978-4-575-52071-2
4-575-52071-3
税込価格 780円
頁数・縦 430P 15cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 見えない、聞こえない、話せない、獣のように育った女の子と、目の見えない女教師。
    ぴんときますよね?
    ヘレン・ケラーとアン・サリヴァン。

    原田マハの「奇跡の人」は、舞台を明治時代の青森に移して描かれています。
    けら・れん、さりば・あん。名前ももじってあります。
    基本的な家族構成などはそのままに、この作品オリジナルの人物も加えられて、
    より物語の世界が深まっています。

    知っている物語ではありますが、舞台が日本になっているので、
    大きなお屋敷や、れんが閉じ込められている蔵の様子などなど、イメージが非常にしやすく、とても感情移入しやすいです。
    情熱、悔しさ、喜び、悲しさなど、感情のふり幅が大きくて、
    読みながら同じ空間にいるような気がしてしまいます。

    (2018年5月2日)

商品内容

要旨

アメリカ留学帰りの去場安のもとに、伊藤博文から手紙が届いた。「盲目で、耳が聞こえず、口も利けない少女」が青森県弘前の名家にいるという。明治二十年、教育係として招かれた安はその少女、介良れんに出会った。使用人たちに「けものの子」のように扱われ、暗い蔵に閉じ込められていたが、れんは強烈な光を放っていた。彼女に眠っている才能を開花させるため、二人の長い闘いが始まった―。著者渾身の感動傑作!

おすすめコメント

盲目で、耳が聞こえず、口も利けない少女が弘前の旧家にいるという。明治二十年、教育係として招かれた去場安は、その少女、介良れんに出会った。大きな苦難を背負った少女と、人間の可能性を信じて彼女の教育に献身する女教師、ふたりの長い闘いがはじまった――。『楽園のカンヴァス』『暗幕のゲルニカ』の著者、渾身の感動傑作!

著者紹介

原田 マハ (ハラダ マハ)  
1962年東京都生まれ。関西学院大学文学部、早稲田大学第二文学部卒業。伊藤忠商事、森美術館設立準備室、ニューヨーク近代美術館勤務を経て、2002年にフリーのキュレーターとして独立。05年『カフーを待ちわびて』で第1回日本ラブストーリー大賞を受賞しデビュー。12年『楽園のカンヴァス』で第25回山本周五郎賞、第5回R‐40本屋さん大賞、TBS系「王様のブランチ」BOOKアワードなどを受賞。16年『暗幕のゲルニカ』で第9回R‐40本屋さん大賞、17年『リーチ先生』で第36回新田次郎文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)