• 本

監査役野崎修平

集英社文庫 よ30−1

出版社名 集英社
出版年月 2018年1月
ISBNコード 978-4-08-745696-7
4-08-745696-X
税込価格 713円
頁数・縦 344P 16cm

商品内容

要旨

大手都市銀行「あおぞら銀行」巣鴨支店長の野崎修平は、支店の閉鎖に伴い監査役就任を命じられた。ときは1998年、バブル経済崩壊を受けて金融業界もまた混迷を極めていた。不可解な高額融資、役員の派閥争い、政治家との癒着疑惑。様々な抵抗や嫌がらせを受けながらも、野崎は銀行内にはびこる不正や経営問題にメスを入れるべく奔走する。自らの正義を信じ、人々のため懸命に働く男を描いた企業小説。

出版社・メーカーコメント

1990年代半ば、あおぞら銀行の監査役に就任した野崎は、バブル崩壊に伴う金融業界の闇を目の当たりにし、不正にメスを入れる決意をする──。

著者紹介

横幕 智裕 (ヨコマク トモヒロ)  
1970年北海道生まれ。脚本家・漫画原作者・構成作家。ドラマ『明日をあきらめない…がれきの中の新聞社〜河北新報のいちばん長い日〜』で、東京ドラマアワード2012単発ドラマ部門グランプリ、第8回日本民間放送連盟日本放送文化大賞グランプリを受賞
周 良貨 (シュウ リョウカ)  
漫画原作者。大学卒業後、都市銀行に入行するも退職し、文筆業をスタート。のちに漫画原作者となる。銀行員だった経験を生かし、経済をテーマにした作品を多く手がける
能田 茂 (ノダ シゲル)  
東京生まれ。漫画家。1981年ヤングジャンプ増刊でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)