• 本

天皇の歴史 2

聖武天皇と仏都平城京

講談社学術文庫 2482

出版社名 講談社
出版年月 2018年1月
ISBNコード 978-4-06-292482-5
4-06-292482-X
税込価格 1,274円
頁数・縦 361P 15cm
シリーズ名 天皇の歴史

商品内容

要旨

女性天皇たちが護った天武直系の皇統。期待とともに即位した聖武天皇を待ち受けていたのは、相次ぐ天災と政変、疫病の大流行だった。苦悩する天皇は仏教に深く帰依し、平城京は仏都の彩りを濃くしていく。そして、空前の専制君主・称徳天皇、聖武朝の否定者・桓武天皇が、新時代を拓いた―。波乱に満ちた古代天皇の生涯と、宮都の実像を活写する。

目次

序章 天皇の都・仏の都
第1章 飛鳥から平城へ
第2章 平城宮の儀礼と政務
第3章 聖武天皇
第4章 行基と知識と天皇
第5章 四字年号時代
第6章 桓武天皇
第7章 平安京の王権
第8章 仏都の命脈

おすすめコメント

八代七人の天皇が統治した「王都」平城京は、仏教思想の根拠地、「仏都」であった。波乱に満ちた古代天皇の生涯と王都の変遷を辿る。

著者紹介

吉川 真司 (ヨシカワ シンジ)  
1960年生まれ。京都大学大学院博士後期課程修了。京都大学教授。専攻は日本古代史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)