• 本

なぜ世界は存在しないのか

講談社選書メチエ 666

出版社名 講談社
出版年月 2018年1月
ISBNコード 978-4-06-258670-2
4-06-258670-3
税込価格 1,998円
頁数・縦 335P 19cm

商品内容

要旨

ポストモダン以後、どんな哲学が求められているのか?現代世界の中で意味のある哲学とは何なのか?―「新しい実在論」が、その答えである。カンタン・メイヤスーらの潮流とも連携しつつ活躍する一九八〇年生まれのドイツ哲学界の新星が読者に向けて「なぜ世界は存在しないのか」という大胆な問いを投げかけ、豊富な具体例とともに解きほぐしていく。世界の最先端を走る若き哲学者のベストセラー、ついに日本語版が登場!

目次

哲学を新たに考える
1 これはそもそも何なのか、この世界とは?
2 存在するとはどのようなことか
3 なぜ世界は存在しないのか
4 自然科学の世界像
5 宗教の意味
6 芸術の意味
7 エンドロール―テレビジョン

おすすめコメント

今、世界中で注目される気鋭の哲学者マルクス・ガブリエル(1980年生)。その名を一躍有名にしたベストセラー、待望の邦訳!

著者紹介

ガブリエル,マルクス (ガブリエル,マルクス)   Gabriel,Markus
1980年生まれ。哲学者。ボン大学教授。後期シェリング研究をはじめ、古代哲学における懐疑主義からヴィトゲンシュタイン、ハイデガーに至る西洋哲学全般について、一般書も含めて多くの著作を執筆。「新しい実在論」を提唱して世界的に注目されている
清水 一浩 (シミズ カズヒロ)  
1977年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻博士課程単位取得退学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)