• 本

外国人が熱狂するクールな田舎の作り方

新潮新書 748

出版社名 新潮社
出版年月 2018年1月
ISBNコード 978-4-10-610748-1
4-10-610748-1
税込価格 799円
頁数・縦 198P 18cm

書籍ダイジェスト配信サービス SERENDIP 厳選書籍

要旨

高齢化と人口減少が進行する一方で、自治体の「消滅」すら危惧される日本の「地方」。国を挙げて地方創生が叫ばれるものの、なかなか有効な手立てを見つけられない自治体は少なくない。そんな中、一般的な観光資源に乏しいにも関わらず、画期的なインバウンド(訪日外国人旅行)ツアー事業で成功しているケースがある。岐阜県の最北端に位置する飛?市における「SATOYAMA EXPERIENCE」がそれだ。自転車で市街地や農村部を巡りながら、田んぼや古民家などの「ありふれた日常」を体験するというシンプルなガイドツアーが、欧米豪を中心とする外国人旅行客の人気を集めているのだ。本書では、飛?市観光協会戦略アドバイザーを経て株式会社「美ら地球(ちゅらぼし)」を設立し、同事業を展開する著者が、成功までのストーリーを公開するとともに、地方を元気にする戦略立案のヒントを提供している。著者は現在、株式会社美ら地球代表取締役。美ら地球は、SATOYAMA EXPERIENCEの他、地方における新たなビジネスのあり方を考えるB to Bのコンサルティングビジネスも手がけている。
※要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。
以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2018年02月27日]

商品内容

要旨

岐阜県北部の飛騨に、世界80ヶ国から毎年数千人の外国人旅行者を集める人気ツアーがある。その最大の売りは「なにげない里山の日常」だ。小学生のランドセル姿に、カエルの鳴き声の拡がる田んぼに、蕎麦畑の中に立つ古民家に、外国人は感動する。なぜ、なにもない日本の田舎が「宝の山」になりうるのか。地域の課題にインバウンド・ツーリズムで解決を図った「逆張りの戦略ストーリー」を大公開。

目次

第1章 グローバルカンパニーと世界放浪を経て飛騨へ
第2章 日本の田舎は世界に通じる
第3章 タダの景色でお金を稼ごう
第4章 大変だけど楽しい田舎暮らし
第5章 企業経営の手法を地域経営に
第6章 日本と世界の田舎をクールに

おすすめコメント

日本の田舎は世界の宝だ!飛騨の里山を「商品」にすることで、地域の価値向上を図った「逆張りの戦略ストーリー」を大公開

著者紹介

山田 拓 (ヤマダ タク)  
1975(昭和50)年奈良県生まれ。株式会社美ら地球代表取締役。横浜国立大学大学院工学研究科修了。コンサルティング会社勤務の後、夫婦で五百二十五日間の世界放浪を経験。2007年、飛騨市観光協会の戦略アドバイザーに就任し「美ら地球」を創設(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)