• 本

不能犯 映画ノベライズ

集英社オレンジ文庫 き1−4

出版社名 集英社
出版年月 2018年1月
ISBNコード 978-4-08-680174-4
4-08-680174-4
税込価格 550円
頁数・縦 189P 15cm

商品内容

要旨

犯罪を意図した行為でもその実現が不可能であれば、罪に問われない。これを『不能犯』という―。闇金業者の変死事件を担当する刑事・多田友子は、数々の変死現場に現れる謎の男・宇相吹正の捜査を開始する。だが、明らかに事件に関与しているのに、誰も彼の犯行を実証出来ない。捜査が行き詰まる中、宇相吹は、依頼人の歪んだ思いに応え、次々と人を殺めていく…。

おすすめコメント

犯罪を意図した行為でもその実現が不可能であれば、罪に問われない。 これを『不能犯』という―――。   闇金業者が喫茶店で突然死した変死事件を担当する刑事・多田友子は、数々の変死現場に現れる謎の男・宇相吹正(うそぶき・ただし)の存在を知り、捜査を開始する。街でまことしやかに囁かれる“電話ボックスの殺し屋”が宇相吹であることを突き止めた多田。 しかし、宇相吹が事件に関与していることは明らかにもかかわらず、死因は心筋梗塞や事故死・・・・・・。誰も宇相吹の犯行を実証することが出来ない。 警察の捜査が行き詰まる中、宇相吹正は、依頼人達の歪んだ思いに応え、次々と強行を繰り返していく・・・・・・。

出版社・メーカーコメント

闇金業者の変死事件を担当する刑事・多田友子は、数々の現場に現れる謎の男・宇相吹正を追う。明らかに事件に関与している宇相吹だが、誰も彼の犯行を立証することは出来ず……。

著者紹介

希多 美咲 (キタ ミサキ)  
9月27日生まれ。岡山県出身。『月下浮世奇談』で2012年度ロマン大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)