• 本

なぜ日本だけが中国の呪縛から逃れられたのか 「脱中華」の日本思想史

PHP新書 1130

出版社名 PHP研究所
出版年月 2018年1月
ISBNコード 978-4-569-83745-1
4-569-83745-X
税込価格 950円
頁数・縦 254P 18cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

なぜ日本は中韓から超絶した素晴らしい国になったのか。その秘密は、中華文明と果敢に対峙しつづけた日本思想史にあった。歴代の中華帝国は「中華文明」を振りかざし、周辺国に圧倒的な影響力を及ぼしてきた。しかし日本だけは、決して呑み込まれなかった。聖徳太子、最澄、空海、伊藤仁斎、荻生徂徠、本居宣長はじめ、日本の偉大な思想家たちは何を考えたのか?そして日本人は、いかに「中華」を完全に排除し、世界でも類を見ない日本文明の思想的高みに至ったのか?対中関係という視点から鮮やかに浮かび上がる、独創的かつ驚愕の日本思想史入門。

目次

序章 思想としての「中華」とは何か
第1章 飛鳥・奈良時代―脱中華から始まった日本の思想史
第2章 平安から室町―仏教の日本化と神道思想の確立
第3章 江戸儒学の台頭と展開―朱子学との戦いの軌跡
第4章 国学の快進撃―日本思想史のコペルニクス的転回
終章 幕末と明治―儒教の復権と国民道徳の形成

おすすめコメント

なぜ日本は中韓から超絶した素晴らしい国になったのか。それは、中国と対峙し凌駕しつづけた日本思想史を知ればわかる。知的興奮の書。

著者紹介

石 平 (セキ ヘイ)  
1962年、四川省生まれ。1984年、北京大学哲学部を卒業後、四川大学哲学部講師を経て、1988年に来日。1995年、神戸大学大学院文化学研究科博士課程修了後、民間研究機関勤務。2009〜2016年、拓殖大学日本文化研究科客員教授。2002年、『なぜ中国人は日本人を憎むのか』(PHP研究所)の刊行以来、日中・中国問題を中心とした評論活動に入る。2007年、日本に帰化。2014年、『なぜ中国から離れると日本はうまくいくのか』(PHP新書)で第23回山本七平賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)