• 本

傭船契約の実務的解説

2訂版

出版社名 成山堂書店
出版年月 2018年1月
ISBNコード 978-4-425-31104-0
4-425-31104-3
税込価格 7,260円
頁数・縦 357P 22cm
シリーズ名 新・傭船契約の実務的解説

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

目次

第1章 序説(傭船の意義
海運業における傭船 ほか)
第2章 裸傭船(船舶賃貸借)(賃貸借の理論
船舶賃貸借の実態 ほか)
第3章 定期傭船(定期傭船の意義
定期傭船の実務的意義 ほか)
第4章 航海傭船(航海傭船(VOYAGE CHARTER)の意義
航海傭船(VOYAGE CHARTER)の法規 ほか)

著者紹介

谷本 裕範 (タニモト ヒロノリ)  
兵庫県西宮市出身。1957年(昭和32年)関西学院大学経済学部卒。1966年中央大学通信教育学部卒。1957年一般社団法人日本海運集会所入所、1981年常務理事、1998年6月専務理事で退職、クルーズと保険取扱専門旅行会社「(有)ポシブル」設立、2016年3月解散まで代表取締役。1999〜2007年東京簡易裁判所司法委員。1994〜2005年国士舘大学法学部で「私的紛争処理法・同ゼミ」、2001〜03年中央学院大学法学部で「保険・海商法」を担当。海事図書翻訳、論文多数。海事関連事項鑑定人、海運集会所、商事仲裁協会、アドホック仲裁の仲裁人を務める
宮脇 亮次 (ミヤワキ リョウジ)  
札幌市出身。1968年(昭和43年)東京大学法学部卒。同年ジャパンライン入社。1988年ロンドン首席駐在員。1989年山下新日本汽船との合併により、社名ナビックスラインとなる。1996年同法務保険室長。1999年大阪商船三井船舶との合併により、商船三井と社名変更。同総務部部長。2000年国際エネルギー輸送社へ常勤監査役として転籍。2003年東京マリン社へ主監として転籍、2013年東京マリン社退職。2014年第一中央汽船社へ総務部法務コンサルタントとして入社。日本海運集会所仲裁委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)