• 本

オーパーツ死を招く至宝

出版社名 宝島社
出版年月 2018年2月
ISBNコード 978-4-8002-7936-1
4-8002-7936-4
税込価格 1,490円
頁数・縦 309P 19cm

商品内容

文学賞情報

2017年 第16回 『このミステリーがすごい!』大賞受賞

要旨

貧乏大学生・鳳水月の前に現れた、顔も骨格も分身かのように瓜二つな男・古城深夜。鳳の同級生である彼は、OOPARTS―当時の技術や知識では、制作不可能なはずの古代の工芸品―の、世界を股にかける鑑定士だと高らかに自称した。水晶の髑髏に囲まれた考古学者の遺体、夫婦の死体と密室から消えた黄金のシャトル…謎だらけの遺産に引き寄せられるように起こる、数多の不可解な殺人事件。難攻不落のトリックに、変人鑑定士・古城と巻き込まれた鳳の“分身倹ひ”の運命は?2018年第16回『このミステリーがすごい!』大賞大賞受賞作。

出版社・メーカーコメント

第16回『このミステリーがすごい! 』大賞・大賞受賞作です! 貧乏大学生・鳳水月(おおとりすいげつ)の前に現れた、顔も骨格も分身かのように瓜二つな男・古城深夜(こじょうしんや)。 鳳の同級生である彼は、OOPARTS(オーパーツ)――当時の技術や知識では制作不可能なはずの古代の工芸品――の、世界を股にかける鑑定士だと高らかに自称した。水晶の髑髏に囲まれた考古学者の遺体、夫婦の死体と密室から消えた黄金のシャトル……謎だらけの遺産に引き寄せられるように起こる、数多の不可解な殺人事件。難攻不落のトリックに、変人鑑定士・古城と巻き込まれた鳳の“分身コンビ”の運命は?

著者紹介

蒼井 碧 (アオイ ペキ)  
1992年、ドイツ・デュッセルドルフ市生まれ。上智大学法学部法律学科卒業(民法専攻)。リース会社に勤務。『オーパーツ 死を招く至宝』が2018年第16回『このミステリーがすごい!』大賞で大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)