• 本

古人骨を測る 同位体人類学序説

出版社名 京都大学学術出版会
出版年月 2018年1月
ISBNコード 978-4-8140-0132-3
4-8140-0132-0
税込価格 3,850円
頁数・縦 18,242P 22cm

商品内容

要旨

遺跡から考古遺物とともに発掘される古人骨。その骨や歯に含まれる元素の安定同位体を分析することによって、当時の人々が食べていた物や、生まれ育った場所を調べることができる。本書では、縄文時代に生きた人々の食性や移動を、個人の性別や抜歯風習、年代と照らし合わせることにより、縄文時代の社会組織の解明に迫る。

目次

序章 縄文時代を解き明かす―考古学からの研究史
第1章 古人骨に地球化学的手法を組み合わせる
第2章 縄文時代人の食性を復元する
第3章 食性の新たな側面に光りを照らす
第4章 縄文時代人の集団間移動を復元する
第5章 時を調べる
第6章 縄文社会を解き明かす―同位体分析による帰結

著者紹介

日下 宗一郎 (クサカ ソウイチロウ)  
1982年岡山県生まれ。ふじのくに地球環境史ミュージアム・学芸課・准教授。京都大学理学部、京都大学大学院理学研究科、日本学術振興会特別研究員(DC1・PD)、総合地球環境学研究所プロジェクト研究員、龍谷大学非常勤講師等を経て、現職。理学博士。専門は自然人類学・同位体人類学。平成21年度Anthropological Science論文奨励賞(日本人類学会)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)