• 本

いちのすけのまくら

出版社名 朝日新聞出版
出版年月 2018年1月
ISBNコード 978-4-02-331653-9
4-02-331653-9
税込価格 1,620円
頁数・縦 301P 19cm

商品内容

要旨

落語のイントロ「まくら」を、ガラケーで書いてみました。噺家・春風亭一之輔、初のエッセイ集。「忖度」「相撲」「ノーベル賞」「解散」「○○ファースト」「金メダル」「○○ハラ」など旬のお題に合わせて綴られていく、まさに読む「まくら」!俳優・東出昌大との対談も収録!

目次

第1章 おしごとのまくら
第2章 こう思うのまくら
第3章 日常のまくら
第4章 はやってるのまくら
第5章 思ひ出のまくら
第6章 対談×東出昌大さん

おすすめコメント

「NHKプロフェッショナル 仕事の流儀」で特集され、独演会は軒並みソールド・アウトと、いま、乗りのっている噺家・春風亭一之輔、初のエッセイ集。「忖度(そんたく)」「相撲」「ノーベル賞」「解散」「〇〇ファースト」「金メダル」「〇〇ハラ」など旬のお題に合わせて噺のように綴られていく101本の読む「まくら」(落語のイントロ)。落語を愛する俳優・東出昌大との対談も収録。

著者紹介

春風亭 一之輔 (シュンプウテイ イチノスケ)  
1978年、千葉県生まれ。落語家。日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。2012年、二十一人抜きの抜擢で真打昇進。2010年、NHK新人演芸大賞、文化庁芸術祭新人賞を受賞。2012年、2013年に二年連続して国立演芸場花形演芸大賞の大賞を受賞。寄席を中心に、テレビ、ラジオなどでも活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)