• 本

技術者のための基礎解析学 機械学習に必要な数学を本気で学ぶ

出版社名 翔泳社
出版年月 2018年1月
ISBNコード 978-4-7981-5535-7
4-7981-5535-7
税込価格 2,808円
頁数・縦 291P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

機械学習に関連する数学の最も基礎となる解析学・微積分を順序立てて学習できる。定義と定理をもとに、厳密に展開される議論を丁寧に説明している(再入門者に理解しやすい)。各章の最後に理解を深めるための演習問題を用意。対象読者は、大学1、2年のころに学んだ数学をもう一度、基礎から勉強したいエンジニア。

目次

1 数学の基礎概念
2 関数の基本性質
3 関数の微積分
4 初等関数
5 テイラーの公式と解析関数
6 多変数関数
Appendix A 演習問題の解答

おすすめコメント

機械学習の本質を理解するために必要な数学(解析学・微分積分)を基礎からしっかり解説した書籍です。

著者紹介

中井 悦司 (ナカイ エツジ)  
1971年4月大阪生まれ。ノーベル物理学賞を本気で夢見て、理論物理学の研究に没頭する学生時代、大学受験教育に情熱を傾ける予備校講師の頃、そして、華麗なる(?)転身を果たして、外資系ベンダーでLinuxエンジニアを生業にするに至るまで、妙な縁が続いて、常にUnix/Linuxサーバと人生を共にする。その後、Linuxディストリビューターのエバンジェリストを経て、米系IT企業のCloud Solutions Architectとして活動。機械学習をはじめとするデータ活用技術の基礎を世に広めるために、講演活動のほか、雑誌記事や書籍の執筆にも注力(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)