• 本

年表でわかる現代の社会と宗教 特別座談会 上田紀行・池上彰・弓山達也・中島岳志

出版社名 平凡社
出版年月 2018年1月
ISBNコード 978-4-582-70357-3
4-582-70357-7
税込価格 1,728円
頁数・縦 188P 26cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

1990年代以降の激動する社会と宗教を振り返る。

目次

特別座談会 1990年以降の激動する社会と宗教を振り返る
年表 1995‐2017―現代の社会と宗教の動きがわかる

著者紹介

渡邊 直樹 (ワタナベ ナオキ)  
編集者、大正大学客員教授。東大文学部宗教学科卒業後、平凡社で「太陽」を編集。「SPA!」、「週刊アスキー」などを創刊、編集長を務める。その後、大正大学表現学部教授。「地域人」編集長。2007年から2016年まで年鑑『宗教と現代がわかる本』(平凡社)の責任編集者
上田 紀行 (ウエダ ノリユキ)  
文化人類学者。「癒し」の観点を早くから提示し、生きる意味を見失った現代社会への提言を続け、日本仏教の再生に向けての運動にも取り組む。2016年より東京工業大学リベラルアーツ研究教育院院長
池上 彰 (イケガミ アキラ)  
NHK記者を経て、フリーランスのジャーナリストとしてニュース解説番組ほかテレビ出演多数。2012年、東京工業大学リベラルアーツセンター専任教授。2016年4月より、同研究教育院特命教授
弓山 達也 (ユミヤマ タツヤ)  
現代社会における宗教性・霊性をテーマに研究。対象は新宗教やカルト問題、スピリチュアリティにかかわる諸分野に及ぶ。2015年、東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授
中島 岳志 (ナカジマ タケシ)  
南アジア研究を背景に、日本の近代政治思想史を読み替え再構築するとともに、現代の社会状況についても積極的に発言。2016年より東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授(政治学)。著書に『中村屋のボース』(大佛次郎賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)