• 本

トヨタ物語 強さとは「自分で考え、動く現場」を育てることだ

出版社名 日経BP社
出版年月 2018年1月
ISBNコード 978-4-8222-5750-7
4-8222-5750-9
税込価格 2,484円
頁数・縦 406P 20cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

「アメリカに負けない国産車を作る」トヨタの創業者・豊田喜一郎の志は戦争にも挫けなかった。戦後、喜一郎は取締役の豊田英二に命じる。「3年でアメリカに追いつけ」英二は機械工場長の大野耐一を呼び、新しい生産システムの確立に取り組む。資材も物資も乏しい中、彼らの武器は「自動化」と「ジャスト・イン・タイム」という知恵のみ…。しかし、その2本の柱に支えられた独自の「トヨタ生産方式」はやがてアメリカを、世界を席巻する。7年の単独取材で強さの本質を描き切った、巨編ノンフィクション。

目次

プロローグ ケンタッキーの名物
自動車会社ができるまで
戦争中のトヨタ
敗戦からのスタート
改革の始まり
倒産寸前
かんばん
意識の改革
クラウン発売
7つのムダ
カローラの年
規制とショックと
誤解と評価と
アメリカ進出
現地生産
リアリストたち
トラックに乗り込んだ男
21世紀のトヨタ生産方式
未来
誇り

おすすめコメント

トヨタ自動車を世界一に導いた「トヨタ生産方式」のDNAを、脈々と受け継いできた男たちがいる。その知られざる奮闘の歴史を追う。

著者紹介

野地 秩嘉 (ノジ ツネヨシ)  
ノンフィクション作家。1957年、東京生まれ。早稲田大学商学部卒。出版社勤務などを経て現職。人物ルポリタージュ、ビジネス、食、芸術、海外文化など幅広い分野で執筆。『TOKYOオリンピック物語』でミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)