• 本

外地巡礼 「越境的」日本語文学論

出版社名 みすず書房
出版年月 2018年1月
ISBNコード 978-4-622-08632-1
4-622-08632-8
税込価格 4,536円
頁数・縦 303P 20cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

森鴎外、佐藤春夫から津島佑子、リービ英雄、温又柔へ。旧植民地・占領地のみならず北海道・沖縄、海外移住地を舞台に織りなされた「東アジア」移動文学論。

目次

1(日本語文学の拡散、収縮、離散)
2(脱植民地化の文学と言語戦争
元日本兵の帰郷
先住民文学の始まり―『コシャマイン記』の評価について)
3(台湾文学のダイバーシティ 二〇一六年七‐十月の日録より)
4(暴れるテラピアの筋肉に触れる
島尾敏雄のポーランド
女たちのへどもど
後藤明生の“朝鮮”)
5(外地巡礼―外地日本語文学の諸問題
ブラジル日本語文学のゆくえ
外地の日本語文学―ブラジルの日本語文学拠点を視野に入れて)

著者紹介

西 成彦 (ニシ マサヒコ)  
1955年岡山県生まれ。兵庫県出身。東京大学大学院人文科学研究科比較文学比較文化博士課程中退。1984年より、熊本大学文学部講師から助教授、1997年より、立命館大学文学部教授を経て2003年より同大学院先端総合学術研究科教授。日本比較文学会会長。専攻はポーランド文学、比較文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)