• 本

遺跡発掘師は笑わない 〔8〕

君の街の宝物

角川文庫 く35−8

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2018年1月
ISBNコード 978-4-04-105268-6
4-04-105268-8
税込価格 605円
頁数・縦 247P 15cm
シリーズ名 遺跡発掘師は笑わない

商品内容

要旨

新居建築予定の、東京郊外の住宅地で行われる発掘調査。幼稚園児も参加できる、採石場での化石発掘会。戦国時代の山城・八王子城は、発掘現場に幽霊が出るとの噂で持ちきりで!?実はあなたのすぐ側で、数多くの「発掘」が行われている―天才発掘師・無量が身近でささやかな「宝物」を探しだす、心温まる4編を収録。無量と幼なじみ・忍の幼少時代や、萌絵たち亀石発掘派遣事務所の日常も描かれる、珠玉の短編集!

おすすめコメント

あなたの街にも「お宝」がある!? 人気遺跡発掘シリーズ、初の短編集! 新居建築予定の住宅地。幼稚園児も参加する化石発掘会。幽霊が出ると噂の山城。あなたの近所でも実は数多くの発掘が行われている。天才発掘師・無量が身近でささやかな「お宝」を探しだす、心温まる短編集!

著者紹介

桑原 水菜 (クワバラ ミズナ)  
千葉県生まれ。中央大学文学部史学科卒業。「風駆ける日」で1989年下期コバルト・ノベル大賞読者大賞を受賞後、90年『炎の蜃気楼』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)