• 本

台湾レトロ建築案内

出版社名 エクスナレッジ
出版年月 2018年1月
ISBNコード 978-4-7678-2434-5
4-7678-2434-6
税込価格 1,760円
頁数・縦 191P 21cm

商品内容

要旨

台湾各地には日本統治時代に建てられた建物が多く残り、近年それらをリノベーションして店舗や施設として甦らせる動きが盛んです。台北でもっとも美しい日本建築と言われる紀州庵、近年のリニューアルで話題をよんだ林百貨店、かつての鉄道倉庫や病院を利用したブックカフェなど…。著者の二人が丹念に集めた建物にまつわる物語とともに、台湾のレトロ建築をめぐる旅に出かけましょう。台湾を3つのエリアに分けて、全24件の建物を紹介。

目次

レトロ建築を楽しむポイント(鉄窓花
人造石 ほか)
台北・宜蘭(青田七六
紀州庵 ほか)
台中・彰化・雲林・嘉義(拾光机
小夏天petit ´et´e ほか)
台南・高雄・屏東(林百貨
衛屋茶事 ほか)

おすすめコメント

懐かしくておしゃれ!台湾のレトロ建築ガイド SNSで話題の、台湾の二人組「老屋顔 Old House Face」が日本統治時代に建てられた建物をリノベーションした店舗やかつての鉄道倉庫や病院を再活用したブックカフェなど、台湾各地に残る、古くておしゃれな建築をご紹介。建築デザインの見どころや、建物にまつわるストーリーも丹念に説明します。