• 本

オリンピック秘史 120年の覇権と利権

出版社名 早川書房
出版年月 2018年1月
ISBNコード 978-4-15-209741-5
4-15-209741-8
税込価格 2,420円
頁数・縦 333P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

アスリートたちが人類最高の身体能力を競うオリンピックの舞台裏では、もうひとつの闘争が繰り広げられてきた。スポーツによる社会変革を夢見た近代五輪の父クーベルタン、招致に躍起になる各国の為政者、五輪ビジネスを陰で牛耳るIOC(国際オリンピック委員会)、巨大イベントを狙うテロ組織、地元住民による反対運動…各プレーヤーの思惑が複雑に絡み合うパワーゲーム(覇権闘争)の全貌を、プロサッカー選手としてバルセロナ五輪の米国代表メンバーを経験した異色の政治学者が描き出す。2020年に東京五輪を迎える日本人必読の書。かさむ運営費、かたよった利権構造など昨今の課題を論じる「日本語版増補」を特別収録。

目次

序章 「オリンピック作戦」
第1章 クーベルタンとオリンピック復活
第2章 オリンピックにかわる競技大会の歴史
第3章 冷戦時代のオリンピック
第4章 オリンピックの商業化
第5章 祝賀資本主義の時代
第6章 二〇一六年リオデジャネイロ夏季オリンピックの大問題
日本語版増補 オリンピックの現在地

著者紹介

ボイコフ,ジュールズ (ボイコフ,ジュールズ)  
1970年生まれ。パシフィック大学政治学教授。元プロサッカー選手であり、バルセロナ五輪の米国代表メンバーとしてブラジル戦やソ連戦などの国際試合に出場した経験をもつ
中島 由華 (ナカジマ ユカ)  
翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)