• 本

邪馬台戦記 1

闇の牛王

出版社名 静山社
出版年月 2018年1月
ISBNコード 978-4-86389-404-4
4-86389-404-X
税込価格 1,760円
頁数・縦 279P 20cm
シリーズ名 邪馬台戦記

商品内容

要旨

3世紀初頭、弥生時代最後期。瀬戸内海沿岸部の集落のひとつ、ウクイ村には暗い影がさしていた。卑弥呼の治める女王国に従わず、近隣諸国から税を取り立てるクナ国は、過去のある出来事を盾に、数年置きに生口(奴隷)として少年少女をさらっていく。一度クナ国に連れられた者は、二度とウクイの土を踏むことはなかった。今年がその年。12歳となった少年ススヒコは、幼馴染の少女ツナテが生口となることを知り、自らも名乗りをあげ、クナ国へ向かう。一方、漢土からの使者・公達は、卑弥呼から意外な依頼を受ける。それは、クナ国の暴君にして自身の弟、ハヤスサの討伐だった―。今こそ読みたい!日本のルーツと邪馬台国の謎に迫る、古代冒険小説。

著者紹介

東郷 隆 (トウゴウ リュウ)  
1951年横浜市生まれ。国学院大学卒。同大博物館研究員、編集者を経て、作家に。94年『大砲松』により吉川英治文学賞新人賞、2004年『狙うて候 銃豪村田経芳の生涯』で新田次郎賞、2012年、『本朝甲胄奇談』で舟橋聖一賞を受賞
佐竹 美保 (サタケ ミホ)  
挿絵画家。SF、ファンタジーなどの分野で多くの作品を手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)