• 本

大予測次に来るキーテクノロジー 2018−2019

出版社名 日本経済新聞出版社
出版年月 2018年1月
ISBNコード 978-4-532-32194-9
4-532-32194-8
税込価格 1,728円
頁数・縦 349P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

「未来予測の専門家」が読み解く!AIはホワイトカラー業務をこなせるのか?自動運転は自動車と社会をどう変えるのか?進化する音声操作、「ボイスファースト」の時代とは?

目次

第1章 人工知能はホワイトカラー業務をこなせるか
第2章 自動運転で激変する自動車業界の未来
第3章 音声操作はインターフェースの覇権を握るか
第4章 チャットボットがウェブの「次の玄関」に
第5章 「ポスト・スマホ」を狙うVR・AR・MR
第6章 バイオメトリクス認証で生活はどう変わるのか
第7章 センシングで実現する究極のおもてなし
第8章 ブロックチェーンが示す中央集権型システムの終焉

著者紹介

城田 真琴 (シロタ マコト)  
野村総合研究所ビジネスIT推進部グループマネージャー/上級研究員。2001年に野村総合研究所に入社後、一貫して先端ITの動向調査と先端ITが社会に与えるインパクト等を調査・研究している。総務省「スマートクラウド研究会」技術WG委員、経済産業省「IT融合フォーラム」パーソナルデータWG委員などを歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)