• 本

怖い女 怪談、ホラー、都市伝説の女の神話学

出版社名 原書房
出版年月 2018年2月
ISBNコード 978-4-562-05472-5
4-562-05472-7
税込価格 2,530円
頁数・縦 293P 20cm

商品内容

要旨

ホラーや都市伝説、怪談で描かれる恐るべき女たちは、なぜ恐れられるのか、どのように恐怖と結びつけられるのか。「怖い女」の原型を世界の女神神話から読み解く!

目次

口裂け女―追いかけ、呑みこむ女
醜さの怪異―イハナガヒメの娘たち
不均等の力―石の末裔たち
怖い箱―コトリバコ、パンドラの箱、玉手箱
『呪怨』伽椰子―蛇女神の末裔たち
『リング』貞子―母なるものの恐ろしさ
『着信アリ』―少女と内なる母
呑みこむ女
大量殺人鬼の女とトリックスター
怖い母性
世界神話の怖い女神

おすすめコメント

口裂け女、コトリバコ、貞子、伽耶子……Jホラーや都市伝説、怪談で描かれる恐るべき女たちは、なぜ恐れられるのか、どのように恐怖と結びつけられるのか。「怖い女」の原型を世界の女神神話から解読する!

著者紹介

沖田 瑞穂 (オキタ ミズホ)  
1977年生まれ。学習院大学大学院人文科学研究科日本語日本文学専攻博士後期課程修了。博士(日本語日本文学)。中央大学、日本女子大学、等非常勤講師。専攻はインド神話、比較神話(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)