• 本

「すべてを引き受ける」という思想

光文社知恵の森文庫 tよ5−1

出版社名 光文社
出版年月 2018年2月
ISBNコード 978-4-334-78738-7
4-334-78738-X
税込価格 821円
頁数・縦 254P 16cm

商品内容

要旨

科学はどこまで思想するか、老人は「超人間」か、吉本流仕事術とは―。戦後を代表する偉大なる思想家と、第一線で活躍する脳科学者による最後の対談。現代を生きる私たちにとっての、脳・こころ・言葉の本質を追究する。追悼「吉本隆明さんのこと」に加え、茂木健一郎氏の書下ろし「うまく思い出して、育つこと。」を新たに収録。

目次

第1章 科学はどこまで思想するか
第2章 老人は「超人間」か
第3章 人間は「限定された類」か
第4章 自己意識を社会化するとはどういうことか
第5章 古典的知識性は淘汰されたか
第6章 吉本流仕事法とは何か
第7章 「つづまりの仕事」へ向かって

おすすめコメント

知の巨人と脳科学の第一人者が、「脳・こころ・言葉」について対論。茂木健一郎「追悼・吉本隆明さんのこと」収録。

著者紹介

吉本 隆明 (ヨシモト タカアキ)  
1924年東京生まれ。東京工業大学卒。詩人・評論家・思想家。戦後一貫して日本の思想界をリードし続けてきた。2003年、『夏目漱石を読む』で小林秀雄賞を受賞。2012年逝去
茂木 健一郎 (モギ ケンイチロウ)  
1962年東京生まれ。脳科学者。ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー。東京大学理学部、法学部卒業後、東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。理学博士。理化学研究所、ケンブリッジ大学研究員を経て現職。「クオリア」(感覚のもつ質感)をキーワードに脳と心の関係を研究する。2005年、『脳と仮想』(新潮文庫)で小林秀雄賞を受賞。その他著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)