• 本

ポケモンGOからの問い 拡張される世界のリアリティ

出版社名 新曜社
出版年月 2018年1月
ISBNコード 978-4-7885-1559-8
4-7885-1559-8
税込価格 2,808円
頁数・縦 250P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

リリース以来、瞬く間に世界中の人々を魅了し、功罪まとめて社会現象となったポケモンGO。ARやGPSを前提とするこのゲームは、現代社会を理解するための恰好の題材でもある。哲学、社会学、観光学、メディア論、ゲーム研究、宗教学など、さまざまな領域の研究者が「ポケモンGOからの問い」に真摯に応答する、学問的試み。

目次

巻頭インタヴュー 多孔化からみるポケモンGO(インタヴュイー 鈴木謙介)
1部 現実と虚構への問い(ポケモン・コンテンツの系譜―その終着点としてのポケモンGO
ポケモンGOの観光コミュニケーション論―コンテンツ・ツーリズムの視点からの観光観の刷新
ポケモンGOのリアリティ―『Ingress』との比較から
穢れなきポケモンと現実の都市―ARによって浮き彫りになる、現実世界への糾弾
いかにして私たちはポケモンGOと接触するのか―二つの指標性から出発して
ポケモンGOでゲーム化する世界―画面の内外をめぐる軋轢を起点として)
2部 デジタル技術とメディアへの問い(新たなるモバイル・ハイブリッド―ポケモンGOが生みだした虚構と現実の集合体
現実はいかにして拡張されたのか―写真・GPS・ナビゲーション
デジタル地図を遊ぶレイヤー―グーグルマップからポケモンGOへ
ポケモンGOと監視社会―人間の終わりの始まり?
ゲーム攻略サービスからプレイヤーの“状況”を再考する―攻略本・攻略サイト・サービスツールがもたらすもの
資源化される宗教感覚、資源化を飼い慣らす宗教感覚―ポケモンGOをめぐるイスラーム的批判からの考察)
3部 社会と文化への問い(文化産業論を移動論的に転回せよ!―“時間”と“空間”に向けた欲望の生成プロセスの起動装置
ポケモンGOという旅―どこからが旅かしら
上を下へのポケモンGO―拡張現実が生活世界にもたらすもの
コンテンツに“容易に”上書きされるセカイとどう付き合うか―「聖地巡礼」現象との比較から考えられること
アメリカ人はポケモンGOに何を見たのか―定着するAnime文化
公共空間におけるマナー教育を再考する―「ポケモンスタンプラリー」とポケモンGOの受容体験を比較しながら)

著者紹介

神田 孝治 (カンダ コウジ)  
立命館大学文学部教授。専門:文化地理学、観光学
遠藤 英樹 (エンドウ ヒデキ)  
立命館大学文学部教授。専門:観光社会学、現代文化論、社会学理論
松本 健太郎 (マツモト ケンタロウ)  
二松學舍大学文学部准教授。専門:記号論、メディア論、映像論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)