• 本

宇宙に命はあるのか 人類が旅した一千億分の八

SB新書 426

出版社名 SBクリエイティブ
出版年月 2018年2月
ISBNコード 978-4-7973-8850-3
4-7973-8850-1
税込価格 880円
頁数・縦 267P 18cm

商品内容

要旨

一九六九年七月二十日。人類がはじめて月面を歩いてから50年。宇宙の謎はどこまで解き明かされたのでしょうか。本書は、NASAの中核研究機関・JPLジェット推進研究所で火星探査ロボット開発をリードしている著者による、宇宙探査の最前線。「悪魔」に魂を売った天才技術者。アポロ計画を陰から支えた無名の女性プログラマー。太陽系探査の驚くべき発見。そして、永遠の問い「我々はどこからきたのか」への答え―。宇宙開発最前線で活躍する著者だからこそ書けたイマジネーションあふれる渾身の書き下ろし!

目次

第1章 幼年期の終わり―宇宙時代の夜明け(ロケットの父の挫折
フォン・ブラウン―宇宙時代のファウスト ほか)
第2章 小さな一歩―技術者のアポロ(嘘だらけの数字
無名の技術者の反抗 ほか)
第3章 一千億分の八―太陽系探査全史(偉大なる降格
NASAに飾られた一枚の「塗り絵」 ほか)
第4章 Are we alone?―地球外生命探査最前線(命とは何か?
最終手段の仮説 ほか)
第5章 ホモ・アストロルム―我々はどこへ行くのか?(系外惑星探査の夜明け
ペガサス座51番星b ほか)

おすすめコメント

銀河系には約1000億個もの惑星が存在すると言われています。そのうち人類が歩いた惑星は地球のただひとつ。無人探査機が近くを通り過ぎただけのものを含めても、8個しかありません。人類の宇宙への旅は、まだ始まったばかりなのです――。 本書は、人気コミック『宇宙兄弟』の公式HPで連載をもち、監修協力を務め、NASAジェット推進研究所で技術開発に従事する著者が、やさしくかみくだきながら「人類の謎」に挑む、壮大な宇宙の旅の物語です。 人類が解き明かしてきた謎とは? 「地球外生命や地球外文明は存在するのか? これからの宇宙探査はどうなる……? テクノロジーとイマジネーションを駆使して、独自の視点で語るエキサイティングな書き下ろし!

著者紹介

小野 雅裕 (オノ マサヒロ)  
NASAの中核研究機関であるJPL(Jet Propulsion Laboratory=ジェット推進研究所)で、火星探査ロボットの開発をリードしている気鋭の日本人。1982年大阪生まれ、東京育ち。2005年東京大学工学部航空宇宙工学科を卒業し、同年9月よりマサチューセッツ工科大学(MIT)に留学。2012年に同航空宇宙工学科博士課程および技術政策プログラム修士課程修了。2012年4月より2013年3月まで、慶応義塾大学理工学部の助教として、学生を指導する傍ら、航空宇宙とスマートグリッドの制御を研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)