• 本

イオマンテ めぐるいのちの贈り物

北の大地の物語

出版社名 ロクリン社
出版年月 2018年2月
ISBNコード 978-4-907542-56-6
4-907542-56-9
税込価格 2,160円
頁数・縦 65P 27cm

商品内容

要旨

わたしたちは、だれかの命をもらって生き、生かされている。北の大地の先住民、アイヌの深い知恵に学ぶ命の物語。

著者紹介

寮 美千子 (リョウ ミチコ)  
1955年、東京に生まれる。1986年、毎日童話新人賞を受賞。1992年、アリゾナの先住民居留地を訪れたのを機に『父は空母は大地』(1995パロル舎、2016ロクリン社より改訂復刊)を上梓。2005年、泉鏡花文学賞受賞をきっかけに奈良に移住。奈良少年刑務所で詩の授業を行なう
小林 敏也 (コバヤシ トシヤ)  
1947年、静岡県に生まれる。1970年、東京藝術大学美術学部工芸科卒。デザイナーを経た後、惹かれていた宮澤賢治の作品世界に本格的に取りかかる。1979年からパロル舎でスタートした「画本宮澤賢治シリーズ」(好学社)は、現在16冊を数える。イラストレーションのみならず、印刷技法や造本までも視野に入れたトータル的な絵本づくりを目指し、その評価は高く、2003年に第13回宮沢賢治賞を受賞。青梅の山間で「山猫あとりゑ」を営みつつ、侘び住まいを送っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)