• 本

私の頭が正常であったなら

幽BOOKS

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2018年2月
ISBNコード 978-4-04-106435-1
4-04-106435-X
税込価格 1,620円
頁数・縦 246P 20cm

商品内容

要旨

突然幽霊が見えるようになり日常を失った夫婦、首を失いながらも生き続ける奇妙な鶏、記憶を失くすことで未来予知をするカップル、書きたいものを失くしてしまった小説家、娘に対する愛情を失った母親、家族との思い出を失うことを恐れる男、元夫によって目の前で愛娘を亡くした女、そして事故で自らの命を失ってしまった少女。暗闇のなかにそっと灯りがともるような、おそろしくもうつくしい八つの“喪失”の物語。

おすすめコメント

かなしみは、うつくしい怪異をなす。せつなさの名手が紡ぐ“喪失”の物語。 元夫によって愛する娘を目の前で亡くした私は、心身のバランスを崩していた。ある日の散歩中、私は助けを求める小さな声を拾う。私にしか、聞こえない少女の声。これは幻聴か――それとも現実か。

著者紹介

山白 朝子 (ヤマシロ アサコ)  
2005年、怪談専門誌「幽」でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)