• 本

列強の侵略を防いだ幕臣たち 明治維新という過ち 続

講談社文庫 は112−2

出版社名 講談社
出版年月 2018年2月
ISBNコード 978-4-06-293862-4
4-06-293862-6
税込価格 715円
頁数・縦 286P 15cm

商品内容

要旨

裏では大英帝国と通じ、天皇を徹底的に政治利用して攘夷を主張する薩長のテロが吹き荒れる中、血に飢えた欧米列強に対して、幕府滅ぶとも国滅ぼすまじ、という決死の覚悟で交渉に臨み、専守防衛に徹した徳川日本の幕臣官僚たち。薩長史観の過ちを正し、偽りの歴史に終止府を打つ話題沸騰の維新論、第二弾!

目次

はじめに 「明治百五十年」という虚構
第1章 鎖国とは何であったか
第2章 安全保障政策としての閉鎖体制
第3章 対外協調路線への転換
第4章 幕末日米通貨戦争
第5章 官と賊 百五十年の禍根
あとがきに代えて 一言以て国を滅ぼすべきもの

おすすめコメント

恫喝外交の欧米列強、英国の支援を受けた薩摩・長州のテロ、命を賭してわたり合った幕臣官僚。日本近代史を覆す衝撃の維新論第二弾!

著者紹介

原田 伊織 (ハラダ イオリ)  
作家。歴史評論家。京都市生まれ。大阪外国語大学卒。広告代理店でマーケティング・プランニングや番組企画などに携わり、独立後プランナー、コピーライター、編集ライターとして活躍。JADMA(日本通信販売協会)の設立にも携わる。2005年『夏が逝く瞬間』(河出書房新社)で作家デビュー。『明治維新という過ち日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト』が歴史書としては異例の大ヒット作となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)