• 本

日本名城紀行 2

SHOGAKUKAN Classic Revival

出版社名 小学館
出版年月 2018年2月
ISBNコード 978-4-09-353104-7
4-09-353104-8
税込価格 594円
頁数・縦 270P 19cm
シリーズ名 日本名城紀行

商品内容

要旨

1977〜78年に小学館より発刊された「探訪日本の城」シリーズに掲載された名城エッセイの復刊。第2巻は更科源蔵、三浦朱門、土橋治重、笹沢左保、陳舜臣、藤原審爾、江崎誠致、戸川幸夫、大城立裕の9名の文豪たちが個性豊かに描く日本各地の名城紀行である。史料をひもときまとめる作家、自分史から構成する作家など、視点もバラエティに富んでおり、時間が経っても色あせない名文揃いである。

目次

松前城―海をみすえた北の果ての城(更科源蔵)
滝山・八王子城―落城の運命に殉じた武者たち(三浦朱門)
躑躅ヶ崎館―信玄の死を見守った女たち(土橋治重)
上田城―知謀真田一族の深慮(笹沢左保)
彦根城―時代を生き抜いた古城の風格(陳舜臣)
岡山城―悲運の城主たちの暗い因縁(藤原審爾)
福山城―流浪の将水野勝成、城主への軌跡(江崎誠致)
熊本城―清正公の名城、西南役に真価(戸川幸夫)
首里城―血であがなった王家の座(大城立裕)

出版社・メーカーコメント

文豪たちが描いた日本の「名城紀行」第2弾1977〜78年に小学館より発刊された「探訪日本の城」シリーズに掲載された作家の紀行文の復刊。第2巻は更科源蔵、三浦朱門、土橋治重、笹沢左保、陳舜臣、藤原審爾、江崎誠致、戸川幸夫、大城立裕の9名の文豪たちが個性豊かに描く日本各地の名城紀行。視点も作家により様々で、ガイドブックとはひと味もふた味も異なる城案内となっている。史料をベースにまとめる作家もいれば、自分や家族とのかかわりから展開していく作家もいて、実にバラエティに富んでおり、時間が経っても色あせない名文揃いである。有名な城ばかりではなく敢えて地味な城を選ぶ作家もいて、城マニアにもお勧めの一冊。

著者紹介

更科 源蔵 (サラシナ ゲンゾウ)  
1904年〜1985年。詩人、アイヌ文化研究家
三浦 朱門 (ミウラ シュモン)  
1926年〜2017年。元文化庁長官
土橋 治重 (ドバシ ジジュウ)  
1909年〜1993年。山梨民友新聞、朝日新聞に勤務
笹沢 左保 (ササザワ サホ)  
1930年〜2002年。主な作品に直木賞候補になった「人喰い」など
陳 舜臣 (チン シュンシン)  
1924年〜2015年。68年、「青宝獅子香炉」で直木賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)