• 本

劉暁波伝

出版社名 集広舎
出版年月 2018年2月
ISBNコード 978-4-904213-55-1
4-904213-55-6
税込価格 2,970円
頁数・縦 508P 19cm

商品内容

要旨

心の自由のために、彼は身体の不自由という代償を支払った。1989年天安門事件、〇八憲章、ノーベル平和賞。度重なる拘束や監視にもかかわらず中国にとどまり続け、民主化を訴えた劉暁波とはどのような人間だったのか?!最後まで彼と行動を共にした若手知識人作家による劉暁波の人生録。

目次

第1部 伝記篇(黒土に生きる少年
首都に頭角を表す
天安門学生運動の「黒手」
ゼロからの出発
ぼくは屈しない
「〇八憲章」と「私には敵はいない」の思想
劉霞 土埃といっしょにぼくを待つ
ノーベル平和賞―桂冠、あるいは荊冠)
第2部 資料篇

著者紹介

余 傑 (ヨ ケツ)  
作家。1973年、四川省成都に生まれる。1997年、北京大学卒業、大学院に進み、2000年に文学修士取得。剤学中に発表した評論は一躍脚光を浴び、新進気鋭の作家として論壇にデビュー。2002年、アメリカ・ニューヨーク万人傑文化新聞基金「万人傑文化新聞賞」、2006年、長編青春小説『香草山』が香港湯清基督教文芸賞など数々受賞。鋭敏な感性と優れた洞察で独裁体制を痛烈に批判したため中国本土のメディアやインターネット空間から完全に封殺され、2012年1月、米国に事実上亡命し、精力的に言論活動を続けている
劉 燕子 (リュウ エンシ)  
作家。現代中国文学者。北京に生まれ、湖南省長沙で育つ。大学で教鞭を執りつつ日中バイリンガルで著述・翻訳
横澤 泰夫 (ヨコサワ ヤスオ)  
昭和13年生まれ。昭和36年、東京外国語大学中国語学科卒業。同年NHK入局。平成6年熊本学園大学外国語学部教授(平成22年退職)
和泉 ひとみ (イズミ ヒトミ)  
関西大学非常勤講師、博士(文学)。関西大学大学院文学研究科博士課程後期課程満期退学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)