• 本

ビブリア古書堂の事件手帖 3

栞子さんと消えない絆

角川つばさ文庫 Bみ2−3

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2018年2月
ISBNコード 978-4-04-631769-8
4-04-631769-8
税込価格 821円
頁数・縦 303P 18cm
シリーズ名 ビブリア古書堂の事件手帖

商品内容

要旨

古本を売り買いしているビブリア古書堂の店主・栞子は、お店でアルバイトをしている大輔といっしょに、古本の市場をおとずれる。そこには古本がズラリ。なんとその市場で、貴重な古本が1冊ぬすまれた!それを買い取る予定だった、ヒトリ書房の店主・井上は、ぬすんだ犯人は栞子だと言い出して!?栞子たちは真犯人をさがすことに!そして井上は、行方不明になっている栞子の母親を知っているようで…?小学上級から。

おすすめコメント

貴重な古本がぬすまれた!犯人は栞子!? 栞子と大輔が訪れた古本の市場で、高い値段がついている古本がぬすまれた。そして栞子が犯人だとうたがわれる。その本をぬすまれた古書店の店主・井上は、行方不明になっている栞子の母親を知っているようで!?

著者紹介

三上 延 (ミカミ エン)  
神奈川県横浜市生まれ。十歳で藤沢市に転居。市立中学から鎌倉市の県立高校へ進学。武蔵大学人文学部社会学科卒業後、藤沢市の中古レコード店、古書店でアルバイト勤務。古書店での担当は、絶版ビデオ・映画パンフレット・絶版文庫・古書マンガなど。2002年小説家デビュー
越島 はぐ (コシジマ ハグ)  
イラストレーター。書籍装画の他、ゲームではメインキャラクターデザインを担当している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)