• 本

生きるのが“ふっと”楽になる13のことば

出版社名 朝日新聞出版
出版年月 2018年2月
ISBNコード 978-4-02-331682-9
4-02-331682-2
税込価格 1,540円
頁数・縦 237P 19cm

商品内容

要旨

「新しい自分」の見つけ方/「後悔」の避け方/「失敗」との付き合い方…シェイクスピア、吉野源三郎、マキアヴェッリなど…「天才たちの名言×名越心理学」ですーっと気持ちが軽くなる。仕事やプライベート、人間関係で、気軽に試せる、心のレッスン。

目次

「幸せな時間」のつくり方―最も幸せなのはどんな人
「才能」の見つけ方―無駄な努力を減らすには?
「怒り」との接し方―最高のモチベーションを手にするには?
「恨み」の上手な晴らし方―本当の深い満足感を得るには?
「動じない心」のつくり方―幸福な時間を長続きさせるには?
「親切」の行い方―心地よい対人関係を得るには?
「個性」の活かし方―自分らしく結果を出すには?
「有能さ」の磨き方―周りに感謝されながら働くには?
「嫉妬」のかわし方―人を見る目を養うには?
「思考停止」の防ぎ方―思い込みから脱するには?
「新しい自分」の見つけ方―人生をもっと豊かにするには?
「後悔」の避け方―欲に振り回されないようにするには?
「失敗」との付き合い方―足をすくわれないようにするには?

おすすめコメント

ちょっと生きづらいのが、「先人の教え×名越心理学」ですーっと消えていく。テレビなどで活躍する精神科医が心を動かされた名言をヒントに、「幸せな時間」のつくり方・「才能」の見つけ方など、日常に潜むさまざまな悩みへの実践的な対処法を解説する。

著者紹介

名越 康文 (ナコシ ヤスフミ)  
1960年、奈良県生まれ。精神科医。相愛大学、高野山大学客員教授。専門は思春期精神医学、精神療法。近畿大学医学部卒業後、大阪府立中宮病院(現:大阪府立精神医療センター)にて、精神科救急病棟の設立、責任者を経て、1999年に同院を退職。引き続き臨床に携わる一方で、テレビ・ラジオでコメンテーター、映画評論、漫画分析など様々な分野で活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)