• 本

半分生きて、半分死んでいる

PHP新書 1132

出版社名 PHP研究所
出版年月 2018年3月
ISBNコード 978-4-569-83756-7
4-569-83756-5
税込価格 929円
頁数・縦 221P 18cm

商品内容

要旨

ある大学で「養老さんじゃないですか、もう死んだと思ってました」と話しかけられた著者。「要するにすでに死亡済み。そう思えば気楽なもの」と嘯き、超越した視点で「意識」が支配する現代社会の諸相を見つめる。人工知能が台頭する時代に「コンピュータは吹けば飛ぶようなもの」と語り、平成においては「万物が煮詰まった」と述べ人口や実体経済の限界が見えた時代の生き方を考える。現代の問題は「一般論としての人生と、個々の人生の乖離」と述べ、一般化からこぼれ落ちた個々の生へ眼差しを向ける。現代人の盲点を淡々と衝く一冊。

目次

第1章 どん底に落ちたら、掘れ
第2章 社会脳と非社会脳の相克
第3章 口だけで大臣をやっているから、口だけで首になる
第4章 半分生きて、半分死んでいる
第5章 「平成」を振り返る
総論―あとがきに代えて

おすすめコメント

「私は半分生きているが、半分はもう死んでいるのである」――。80歳を迎えた著者の眼に、平成末期の日本の諸相はどう映ったか。

出版社・メーカーコメント

ある大学で「養老さんじゃないですか、もう死んだと思ってました」と話しかけられた著者。「要するにすでに死亡済み。そう思えば気楽なもの」と嘯き、超越した視点で「意識」が支配する現代社会の諸相を見つめる。人工知能が台頭する時代に「コンピュータは吹けば飛ぶようなもの」と語り、平成においては「万物が煮詰まった」と述べ人口や実体経済の限界が見えた時代の生き方を考える。現代の問題は「一般論としての人生と、個々の人生の乖離」と述べ、 一般化からこぼれ落ちた個々の生へ眼差しを向ける。 真理は0と1の間に落ちる。宙ぶらりんの立場で、現代人の盲点を淡々と衝く一冊。

著者紹介

養老 孟司 (ヨウロウ タケシ)  
1937年、鎌倉市生まれ。東京大学医学部卒業後、解剖学教室に入る。95年、東京大学医学部教授を退官し、同大学名誉教授に。89年、『からだの見方』(筑摩書房)でサントリー学芸賞を受賞。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)