• 本

デジタルレイバーが部下になる日 RPAが起こす第4次産業革命

出版社名 日経BP社
出版年月 2018年2月
ISBNコード 978-4-8222-5990-7
4-8222-5990-0
税込価格 1,728円
頁数・縦 222P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

目次

第1章 なぜ今、デジタルレイバーなのか(デジタルレイバーが普及する理由と背景
デジタルレイバーとは何か ほか)
第2章 RPAとは何か(どのような機能があるのか
情報システム開発との違い ほか)
第3章 ビジネスでRPAを使いこなす(どのようなところで使われているのか
七つの誤解を解くことからスタート ほか)
第4章 デジタルレイバーがもたらす未来の働き方(手に入れたのは、考えて味わう心地よい疲れ
「ゆとり世代」が、即戦力のデジタルネイティブに変わる ほか)
第5章 デジタルレイバーとの協働で未来にイノベーションを(RPAを活用できる人材とは?
デジタルレイバー導入にあたって ほか)

おすすめコメント

働き方改革実現のための本命とも言われるRPA。その具体的なサービス・デジタルレイバーが今後普及する必然性を多角的な視点から解説。

著者紹介

池邉 竜一 (イケベ リュウイチ)  
キューアンドエーワークス株式会社代表取締役社長。1971年12月生まれ。大分県出身。慶應義塾大学経済学部卒業。1999年7月、人材派遣業の株式会社アークパワー設立。2001年4月、同社代表取締役就任。2013年4月、キューアンドエーグループ傘下(NECネッツエスアイ連結対象会社)となり、2015年7月、キューアンドエーワークス株式会社に社名変更。エンジニア育成・派遣事業を中心に、テクニカル系コールセンターへの派遣、RPA市場においては業務改革(BPR、BPM)を通じてさまざまな人材の活躍の場を作り、新たな労働力の創出に取り組む。2016年7月、一般社団法人日本RPA協会の理事に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)