• 本

月とライカと吸血姫(ノスフェラトゥ) 3

ガガガ文庫 ガま5−6

出版社名 小学館
出版年月 2018年2月
ISBNコード 978-4-09-451720-0
4-09-451720-0
税込価格 693円
頁数・縦 337P 15cm
シリーズ名 月とライカと吸血姫(ノスフェラトゥ)

商品内容

要旨

有人宇宙飛行で共和国に敗北を喫した連合王国は、名誉挽回のための新計画『アーナック・ワン』を始動。民族融和と科学技術大国推進を打ち出す広報プロジェクトだ。新人技術者のバートは王国初の宇宙飛行士の弟であることを理由に、広告塔へ選出されてしまう。パートナーは吸血鬼の末裔、カイエ。バートは不慣れな業務をカイエとともにする中で、彼女の秘めたる想いを知っていく。「私は月なんて大嫌い」。―これは華々しい宇宙飛行の裏側に存在した、語られることなき地上の星々へ送る英雄譚。宙と青春の物語、連合王国編始動。

出版社・メーカーコメント

宙と青春の物語、連合王国編始動!――これは人類史に残る偉大なる一歩。連合王国に、その礎を築いた若き二人がいた。人類史上初をかけた有人宇宙飛行計画で、共和国に惨敗した連合王国。劣勢に立たされた王国議会は、途方もない計画を宣言する。「我々は、人類を月面へ送り込み、帰還させることを約束する!」王国南部の宇宙開発都市<ライカ・クレセント>の研究所では、同時にとあるプロジェクトが進んでいた。アーナック・ワン――それは『民族融和と科学技術大国推進』を打ち出し、汚名を払拭するための広報プロジェクトだった。新人技術者のバート・ファイフィールドは、連合王国初の宇宙飛行士アーロンの弟であることを理由に、その人間代表に選ばれてしまう。そして、吸血鬼の末裔である新血種族代表は、アーロンの飛行を成功に導いた才媛カイエ・スカーレット。研究所での仕事と、宣伝活動の二足の草鞋。不慣れな日々の中、バートはカイエの秘めたる想いを知っていく。「――私は月なんて、大嫌い」華々しい宇宙飛行の裏側には、語られることのない数多の人々の情熱が確かに存在した。宇宙を夢見る技術者の青年と新血種族の才媛が紡ぐ、宙と青春の物語がここに!

著者紹介

牧野 圭祐 (マキノ ケイスケ)  
ライトノベル以外にもゲームやドラマなど執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)