• 本

成田屋のおくりもの

出版社名 マガジンハウス
出版年月 2018年2月
ISBNコード 978-4-8387-2978-4
4-8387-2978-2
税込価格 1,620円
頁数・縦 188P 19cm

商品内容

要旨

もてなし、しきたり、日々の暮らし。お客様の笑顔のために努めてきた成田屋の小さな心づくしの数々、次世代に伝えたい和のこころ―。

目次

第1章 成田屋のおもてなし(祖父母、両親からもらった大切なもの
すべては感謝の心で
着物選びは“出ず入らず” ほか)
第2章 成田屋のしきたり(成田屋に嫁いだ日から
家族と一門がつどう年始め
成田屋と節分 ほか)
第3章 成田屋の日々の暮らし(朝食は一日のリズムをつくるために
忙しい毎日のなかでのひと工夫
器は人をもてなすもの ほか)

著者紹介

堀越 希実子 (ホリコシ キミコ)  
東京生まれ。学習院大学仏文科卒業後、1976年に十二代目市川團十郎(当時は十代目市川海老蔵)と結婚。長男は十一代目市川海老蔵、長女は日本舞踊市川流の三代目市川ぼたん。着物ブランド「茶屋ごろも」、ブライダル和装ブランド「麗」のデザイン・監修を手がけ、多忙な日々を送っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)