• 本

77便に何が起きたか 夏樹静子トラベルミステリー傑作集

中公文庫 な26−4

出版社名 中央公論新社
出版年月 2018年2月
ISBNコード 978-4-12-206537-6
4-12-206537-2
税込価格 902円
頁数・縦 418P 16cm

商品内容

要旨

旅客機が爆破され、乗客全員が死亡。五十一名のうち四人と、切符を買いながら乗らなかった者一人には奇妙な共通点があった(「77便に何が起きたか」)。電車では毒殺、フェリー内では密室殺人…楽しいはずの旅路が血に染まる!乗りものにロマンと魅力的な謎を見いだした著者による、トラベルミステリーの名作をセレクト。

おすすめコメント

空中爆発を起こし墜落した77便。その悲劇から逃れた5人には、奇妙な共通点があった……。舞台は飛行機から新幹線、豪華列車、フェリーまで。旅路の郷愁が殺意の引き金を引く!鉄道をこよなく愛する著者による、トラベルミステリ傑作集。〈編者解説〉日下三蔵

著者紹介

夏樹 静子 (ナツキ シズコ)  
1938(昭和13)年東京生まれ。慶応大学在学中に長編『すれ違った死』が江戸川乱歩賞候補に選ばれる。70年『天使が消えていく』が再び同賞の候補になり、単行本化され作家デビューを果たす。73年『蒸発』で日本推理作家協会賞、89年に仏訳『第三の女』でフランス犯罪小説大賞、2007年日本ミステリー文学大賞を受賞。2016年(平成28)没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)