• 本

いつかすべての恋が思い出になる

角川文庫 は58−1

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2018年2月
ISBNコード 978-4-04-106251-7
4-04-106251-9
税込価格 562円
頁数・縦 190P 15cm

商品内容

要旨

わざわざ元彼のSNSを覗いて傷ついたり、思わせぶりに手をつないでくる男子に憤慨したり、楽しい恋の始まりに終わる時のことを考えてしまったり…。共感必至のアラサー女子恋愛事情を、時代の先端をいく著者が、鋭い観察と分析で整理する。恋でボロボロに傷ついた人も、今はウキウキしている人も、いつか自分を通ったすべての気持ちを大切に思い出す日がくるはず―勇気をくれる恋愛コラム集!

目次

第1章 20代後半からの幸せ比べ(26歳で更新される結婚願望
飲み会で突然言われた「30代になったら用なしだから」
男友だちより先に幸せになりたいという気持ち ほか)
第2章 私たちの本音(LINE5往復でわかるモテスキル
アラサー女子が53歳以上と付き合えないとある理由
アラサーの病める女子たち ほか)
第3章 アラサー恋愛解体新書(アラサー恋愛で必要なのは「絞る」勇気と「切る」勇気
長続きのコツは、旬の女にならないこと
「無駄な遠慮よりも無遠慮」の法則 ほか)

おすすめコメント

どんな恋だって、いつかは自分の糧になる。勇気をくれる恋愛コラム集! 「片思いは加点、両思いは減点」「農耕型女子とハンター型女子」……思わず頷く、悲喜交々のアラサー恋愛事情。時代の先端をいく著者が、身近な観察と分析で法則をあぶりだす、勇気をくれる恋愛コラム集。

著者紹介

はあちゅう (ハアチュウ)  
ブロガー・作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)