• 本

着飾らない辞世の言葉

幻冬舎ルネッサンス新書 ふ−3−1

出版社名 幻冬舎メディアコンサルティング
出版年月 2018年2月
ISBNコード 978-4-344-91574-9
4-344-91574-7
税込価格 880円
頁数・縦 191P 18cm

商品内容

要旨

ゼノン、ピュロン、デカルト、スピノザ、ヤコービ、シュンカタテシス論(同意論)を専門に研究している大学教授が、「人生の総括」について哲学的に検証。

目次

第1章 言葉の大切さと同意論―言葉を奪われた人間の悲惨
第2章 ストア派のゼノン―知っていることと、これに対する同意と確信
第3章 ピュロンの懐疑主義―けっして何にも同意しない
第4章 デカルトの同意論―人間の誤りはまちがった同意が原因
第5章 スピノザの同意論批判―すでに知っていることに新たに同意することはない
第6章 ヤコービの確信感情―人間はすでに自分の存在と他者の存在を確信している
第7章 ウィリアムズのビリーフ論―言葉が同意を完成させる

著者紹介

福田 喜一郎 (フクダ キイチロウ)  
東京都出身。鎌倉女子大学教授。1978年、上智大学文学部哲学科卒業、1980年、京都大学大学院文学研究科修士課程(西洋哲学史)修了。1989年、鎌倉女子大学専任講師となる。その後、助教授を経て現在に至る。2011年4月〜2012年3月、マールブルク大学客員研究員。長年、カントおよび18世紀ドイツ啓蒙思想を研究しており、現在はストア派のゼノンが始めた同意論(シュンカタテシス論)に基づいて、デカルト、スピノザ、ロック、ヒューム、カント、ヤコービの哲学説を検討(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)