• 本

地検のS

出版社名 講談社
出版年月 2018年2月
ISBNコード 978-4-06-220293-0
4-06-220293-X
税込価格 1,728円
頁数・縦 293P 20cm

商品内容

要旨

湊川地検の総務課長、伊勢雅行。地検の事実上トップである歴代次席検事の懐刀。地検内の事務全般だけではなく、地元政財界との太いつながり、時には量刑の判断にまで関わっていると言われ、湊川地検で起きることの裏には、必ずこの男の存在があった。真っ白な髪から「白い主=シロヌシ」転じて「S」、あるいはスパイめいた暗躍から「エス」と呼ばれている。検事でもない総務のトップがなぜ…。

おすすめコメント

湊川地検で起きるすべての事は一人の男が握っている――。現代、検察の正義とは何か。元新聞記者の横溝賞正史作家が挑む連作地検小説

著者紹介

伊兼 源太郎 (イガネ ゲンタロウ)  
1978年東京都生まれ。上智大学法学部卒業。新聞社勤務などを経て、2013年に『見えざる網』(受賞時「アンフォゲッタブル」を改題)で第33回横溝正史ミステリ大賞を受賞し、デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)