• 本

化学毒物マヒ がん・アレルギーの真因に迫る

出版社名 緑風出版
出版年月 2018年3月
ISBNコード 978-4-8461-1803-7
4-8461-1803-7
税込価格 1,760円
頁数・縦 190P 19cm

商品内容

要旨

プラスチック、合成繊維、合成洗剤、塗料、接着剤、農薬、食品添加物、医薬品などの化学物質は、私たちの生活を便利にしました。しかし一部の有害な化学物質、すなわち化学毒物は食べ物、水、空気を汚染し、がん、食物アレルギー、花粉症、喘息、アトピー性皮膚炎などの現代病を引き起こしています。しかも私たちは添加物が十数種類も入ったカップラーメンやコーラをおいしいと感じるなど、化学毒物マヒに陥っています。これらの現代病を克服するには、対症療法ではだめで、化学毒物を減らすしかないのです。化学毒物の現状と対策を考えます。

目次

プロローグ
1章 ゼロカロリーの合成甘味料が肝臓や免疫にダメージを与える
2章 大腸がんや胃がんを増やす発色剤とタール色素
3章 コーラ、カップラーメン、輸入かんきつ類とがんとの関係
4章 ワインで頭痛がする人、果汁グミで気分が悪くなる人
5章 食物アレルギーという不可思議
6章 合成洗剤が引き起こす健康被害と汚染
7章 ボディソープによる肌荒れ、シャンプーによる薄毛
8章 水道水に含まれる化学毒物
9章 空気中に撒き散らされる化学毒物
10章 空気汚染物質が引き起こす障害
終章 化学毒物の悪影響はこうして減らす

著者紹介

渡辺 雄二 (ワタナベ ユウジ)  
1954年生まれ。栃木県宇都宮市出身。宇都宮東高校卒、千葉大学工学部合成化学科卒。消費生活問題紙の記者を経て、82年よりフリーの科学ジャーナリストとなる。以後、食品、環境、医療などの諸問題を、「朝日ジャーナル」「週刊金曜日」「中央公論」「世界」などに執筆・提起。とくに食品添加物、合成洗剤、ダイオキシンなど化学物質の毒性に詳しく、講演も数多い(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)