• 本

美しく、狂おしく 岩下志麻の女優道

出版社名 文藝春秋
出版年月 2018年2月
ISBNコード 978-4-16-390778-9
4-16-390778-5
税込価格 1,890円
頁数・縦 295P 20cm

商品内容

要旨

美しいだけではない。儚さと純粋さと情念と狂気を全身全霊で演じる岩下志麻。女優人生の全てを語り尽くす。

目次

第1章 誕生―女優デビューと木下恵介、小林正樹『バス通り裏』『笛吹川』『切腹』ほか
第2章 開眼―小津安二郎と川端康成と文芸映画『秋刀魚の味』『古都』『雪国』ほか
第3章 邂逅―篠田正浩との出会い『乾いた湖』『夕陽に赤い俺の顔』『暗殺』ほか
第4章 覚醒―野村芳太郎と松本清張『五瓣の椿』『鬼畜』『疑惑』ほか
第5章 独立―表現社の設立『心中天網島』『無頼漢』『沈黙』ほか
第6章 円熟―女優、妻そして母『はなれ瞽女おりん』『悪霊島』『鑓の権三』ほか
第7章 凄味―五社英雄との三〇年『獣の剣』『鬼龍院花子の生涯』『極道の妻たち』ほか
第8章 大河―母と子の相克『草燃える』『独眼竜正宗』『葵 徳川三代』
第9章 多彩―岡本喜八、今井正、増村保造『赤毛』『婉という女』『この子の七つのお祝いに』『魔の刻』ほか
第10章 狂気―岩下志麻の演技論

著者紹介

春日 太一 (カスガ タイチ)  
1977年、東京都生まれ。時代劇・映画史研究家。日本大学大学院博士後期課程修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)