• 本

電力と政治 日本の原子力政策全史 上

出版社名 勁草書房
出版年月 2018年2月
ISBNコード 978-4-326-35172-5
4-326-35172-1
税込価格 3,780円
頁数・縦 353,15P 20cm
シリーズ名 電力と政治

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

「原子力ムラ」はどのように生まれ、どのように強大化していったのか?そして「原子力ムラ」は90年代の危機をどう乗り越え、どのように復活したのか?さらに、それを支えた東電の政治権力・経済権力のすがたとは?福島第一原発事故が起こってから明らかになった原子力政策の「暗黒面」を、あますことなく描き出す!

目次

第1章 原発導入―政官業の思惑と対立の構図
第2章 活発化する反原発運動と暗躍する原子力ムラ
第3章 原子力冬の時代―東京電力と経済産業省の10年戦争
第4章 原子力ルネサンスの到来―暴走する原子力ムラ
第5章 東京電力の政治権力・経済権力
第6章 菅直人と原子力ムラの政治闘争―脱原発をめぐるせめぎ合い

おすすめコメント

圧倒的総括!迫真のドキュメント!戦後政治の「暗黒面」を凝縮した国策をあますことなく伝える。将来を展望するための2巻本。

著者紹介

上川 龍之進 (カミカワ リュウノシン)  
1976年生まれ。京都大学法学部を卒業。京都大学大学院法学研究科博士後期課程を修了、博士(法学)を取得。日本学術振興会特別研究員、愛媛大学法文学部助手、講師を経て、大阪大学大学院法学研究科准教授。専門は政治過程論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)