• 本

処刑への誘い

ナボコフ・コレクション

出版社名 新潮社
出版年月 2018年2月
ISBNコード 978-4-10-505607-0
4-10-505607-7
税込価格 5,184円
頁数・縦 491,2P 20cm

商品内容

要旨

笑いと風刺と、知られざる名作戯曲。1930年代、パリへ。「言葉の魔術師」の虚構性と演劇性はさらに加速する。アンチ・ユートピア的不条理小説、初邦訳となるコミカルな戯曲2篇。

著者紹介

ナボコフ,ウラジーミル (ナボコフ,ウラジーミル)   Набоков,Владимир
1899年、サンクト・ペテルブルグで貴族の家に生まれる。1919年、ロシア革命により家族で西欧に亡命。ケンブリッジ大学卒業後、ベルリン、パリと移り住み、主にロシア語で執筆活動を続ける。1940年、アメリカに移住。ハーバード、コーネル大学などで教育、研究に携わる傍ら、英語でも創作活動を本格的に始める。1955年に英語で発表された『ロリータ』が大センセーションを巻き起こし、教師の職を辞す。1962年、スイスのモントルーに居を定め、1977年、78歳で死去
小西 昌隆 (コニシ マサタカ)  
1972年神奈川生まれ。早稲田大学文学部卒業。同大学大学院文学研究科博士課程満期退学。専門はロシア文学。東京学芸大学非常勤講師
毛利 公美 (モウリ クミ)  
1969年東京生まれ。東京外国語大学ロシア語学科卒業。2005年東京大学大学院人文社会系研究科博士後期課程修了。一橋大学ほか講師
沼野 充義 (ヌマノ ミツヨシ)  
1954年東京生まれ。東京大学教養学部を卒業、ハーバード大学スラヴ語スラヴ文学科に学ぶ。東京大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)