• 本

プリーシヴィンの日記 1914−1917

出版社名 成文社
出版年月 2018年2月
ISBNコード 978-4-86520-025-6
4-86520-025-8
税込価格 6,912円
頁数・縦 526P 22cm

商品内容

要旨

未曾有の戦争の勃発、母の死、ロマーノフ王朝の崩壊、二つの革命。誰もが渦中にあり、翻弄されずには済まなかった。

目次

一九一四年の日記
一九一五年の日記
一九一六年の日記
一九一七年の日記(一九一八年一月二日まで)
プリーシヴィン略年譜(一八七三〜一九二〇)
付録三題

著者紹介

プリーシヴィン,ミハイル・ミハーイロヴィチ (プリーシヴィン,ミハイルミハーイロヴィチ)   Пришвин,Михаил Михайлович
1873年、旧オリョール県の商家に生まれ、早くに父を亡くす。中学を放校になったあと、革命運動で逮捕、投獄(1年)。長く警察の監視下にあったが、ドイツのライプツィヒ大学(農学)へ。1907年、『森と水と日の照る夜』(セーヴェル民俗紀行)を発表、作家活動を開始した。ロシア各地を放浪しながら、多くの紀行文(オーチェルク)、童話、エッセイ、小説を書き継ぎ、自然、歴史、民俗をテーマとした哲学的でリリカルな詩の世界を表出する一方で、自然、動植物、菌類、個、集団、社会、自由、女性性、革命、戦争、独裁、粛清について、詳細かつ厖大な記録(日記)を誌し続けた。1954年、モスクワで死去
太田 正一 (オオタ ショウイチ)  
詩人・ロシア文学者。1945年、白石市生まれ。早稲田大学大学院修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)