• 本

食の文化を探る

フィールド科学の入口

出版社名 玉川大学出版部
出版年月 2018年2月
ISBNコード 978-4-472-18206-8
4-472-18206-8
税込価格 2,640円
頁数・縦 188P 21cm

商品内容

要旨

食の基本は共に食べること、共食である。この共食が人と人とを繋いでくれる。

目次

1部 対談・料理と共食、食卓というフィールドで
2部(食のフィールドワークとその記録術
食の生産と消費をめぐるフィールドワーク)
3部(海の幸を利用するサルたち
韓国の高齢者の食
「ヨーグルト大国」ブルガリアをフィールドワークする
生活文化としての食、言語からみる食
インカの末裔たちは何を食べているのか)

おすすめコメント

人は料理をする動物である。食べることは文化である。食材は何か、いかなる調理法か、食べ方の作法は……? 生活に密着しすぎている「食」を対象化し、食べることを起点に、人間とは何かという問いにこたえる。人間活動のさまざまな局面に関係する食文化を調査するフィールドワーカーたちが、食から展開するテーマを考察する。

著者紹介

石毛 直道 (イシゲ ナオミチ)  
民族学者。京都大学で考古学を専攻する学生であったが、探検部員として1960年にトンガ王国、1963‐64年にはニューギニア中央高地のフィールドワークに従事するうちに、民族学の研究者になった。民族学のさまざまな分野での論考を発表
赤坂 憲雄 (アカサカ ノリオ)  
フィールドワーカー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)