• 本

芸術と労働

出版社名 水声社
出版年月 2018年3月
ISBNコード 978-4-8010-0325-5
4-8010-0325-7
税込価格 3,240円
頁数・縦 236P 22cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

芸術活動と労働について現況をさまざまな視点から捉え、芸術と労働、芸術と社会との関わりを考察し、その行方を探る試み。

目次

1 提起(労働と芸術の暗闇
「誰もが芸術家」というディストピア
労働者としての芸術家、芸術家としての労働者)
2 検証(アートマネジメントと、非物質的労働の価値
芸術労働とオリンピック―面従腹背のゆくえ
アートプロジェクトをめぐる協働のかたち―地域活動と大地の芸術祭サポート活動のあいだ
働くことと生きること、演劇のミッション)
3 想像(かまがみのいわれ
人間になるための労働―討議
帝国の教育制度)
4 懐疑(配慮の分有、脆弱さのネットワーク
「人間の終焉」のあとで―動物・芸術・人工知能
暗黙の共謀)

著者紹介

白川 昌生 (シラカワ ヨシオ)  
1948年、北九州市に生まれる。国立デュッセルドルフ美術大学卒業(マイスター)。美術作家。群馬県立女子大学、前橋工科大学等の講師を勤める
杉田 敦 (スギタ アツシ)  
1957年、北海道に生まれる。名古屋大学理学部物理学科卒業。美術批評家。女子美術大学教授。オルタナティヴ・スペース art & river bankを運営し、「critics coast」(越後妻有アートトリエンナーレ)、「Picnic」(増本泰斗との協働)、「ナノ・スクール」(blanClass)など、プロジェクトも手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)