• 本

開発政治学を学ぶための61冊 開発途上国のガバナンス理解のために

出版社名 明石書店
出版年月 2018年2月
ISBNコード 978-4-7503-4639-7
4-7503-4639-X
税込価格 3,024円
頁数・縦 292P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

目次

第1部 現代世界と途上国開発(開発の政治経済学のいくつかの視角
比較政治学と政治発展論 ほか)
第2部 途上国開発における国家の役割(開発・国家・ガバナンスに関する国際機関の議論
開発と制度・制度改革 ほか)
第3部 開発のための国家運営(開発と法の支配
汚職対策 ほか)
第4部 開発を取り巻く政治過程(クライアンテリズムとレント・シーキング
開発途上国の政党と政治 ほか)
第5部 開発への国際関与(政策改革支援
平和構築支援 ほか)

著者紹介

木村 宏恒 (キムラ ヒロツネ)  
名古屋大学名誉教授(大学院国際開発研究科)。専門:開発政治学、国際関係論
稲田 十一 (イナダ ジュウイチ)  
専修大学経済学部教授。専門:開発の政治経済学、国際協力論、ODA評価
小山田 英治 (オヤマダ エイジ)  
同志社大学大学院グローバルスタディーズ研究科教授。専門:国際開発学、開発政治学、途上国のガバナンス・汚職対策研究
金丸 裕志 (カナマル ユウジ)  
和洋女子大学人文学群教授。専門:比較政治学、政党論、民族問題、東南アジア地域研究
杉浦 功一 (スギウラ コウイチ)  
和洋女子大学人文学群准教授。専門:国際関係論、政治学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)