• 本

屈折率

光文社文庫 さ34−1

出版社名 光文社
出版年月 2018年3月
ISBNコード 978-4-334-77620-6
4-334-77620-5
税込価格 950円
頁数・縦 549P 16cm

商品内容

要旨

やり手の元商社マン・安積啓二郎は、兄に代わり、経営が傾き始めた実家のガラス工場の社長になった。当初は工場を売り払うつもりだった啓二郎だが、ガラス工芸作家の透子との出会いから、次第にガラスの魅力に目覚めてゆく。難問山積の工場再建に向け、彼が放つ起死回生の一手とは?ものづくりの現場に再起をかけ、悪戦苦闘する男の姿を描く長編企業小説。

おすすめコメント

モノ作りに再起を懸けた男の勇姿を描く長編企業小説。もう一つの『下町ロケット』

著者紹介

佐々木 譲 (ササキ ジョウ)  
1950年、北海道生まれ。’79年「鉄騎兵、跳んだ」でオール讀物新人賞を受賞しデビュー。’90年『エトロフ発緊急電』で、山本周五郎賞、日本推理作家協会賞、日本冒険小説協会大賞を受賞。2002年『武揚伝』で新田次郎文学賞、2010年『廃墟に乞う』で直木賞を受賞。2017年には日本ミステリー文学大賞を受賞している。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)