• 本

フランス流捨てない片づけ ちょっとした整えグセで部屋は見違える!

出版社名 小学館
出版年月 2018年3月
ISBNコード 978-4-09-310865-2
4-09-310865-X
税込価格 1,404円
頁数・縦 143P 21cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

捨てられない40代が挑んだ最後の片づけの記録です。

目次

1章 捨てなくても大丈夫!片づけは、がんばらないほうがうまくいく(モノをもたないと噂のパリジェンヌも日本の「カワイイ」モノには財布の紐がゆるむ
この本は、こんな人におススメです ほか)
2章 3分でOK!S席から始める整えグセ(まずは“いちばんお気に入りの場所=S席”だけ、「まっさら」をめざす
書斎は、見えるところだけ整える ほか)
3章 デコボコ禁止!「捨てる」より「そろえる」が先(これぞ、テトリス理論!?“デコボコ・斜め・ごちゃごちゃ”が気になり始めたら、整え上手への第一歩
「タテ」「ヨコ」ラインを気にしてみる ほか)
4章 服が好き!だから捨てないクローゼット(最後の難関・クローゼット。まずは「ピシッとがけ」「一軍引き出し」だけマスターして
「だらりん」をやめて「ストーン」と整える ほか)

出版社・メーカーコメント

買い続けても“スッキリ暮らす”はかなう!パリで暮らした著者が、パリジェンヌやマダムから学んだ「ものが多いのにスッキリおしゃれ」な部屋づくりの極意をキュートなイラストで紹介。「それほど広いわけではないし、キャンドルとか小瓶とか必需品じゃない雑貨も多いのに、彼女らの部屋がスッキリおしゃれに見えるのはなぜかしら??」−−パリ滞在中、著者が抱いていた素朴なギモン。そして帰国後、マイルームの散らかりっぷりを見て「このままじゃ汚いおばあさんになってしまう!片づけるなら体力気力のある40代の今しかない!」と一大決意。いきなりものを減らすのは買い物大好きなだけにムリなので、フランス女性たちが実践していた「整え方」をとにかくマネすることからスタートしました。たとえばリビングダイニングなら「テーブルの上はゼロ」「小物は縦横直線ゾロエ」。たまる一方の衣類は「一軍引き出し術」で本当に必要なもの・要らないものを見エル化していくうちに、いつのまにか罪悪感や後悔ナシに捨てることもできたのです。整え片づけると、人生で何を大事にすべきかも見えてくると著者はいいます。あなたもぜひそれを見つけてみてください。

著者紹介

米澤 よう子 (ヨネザワ ヨウコ)  
東京都生まれ。グラフィックデザイナーとして広告制作会社に勤務後、イラストレーターとして独立。化粧品パッケージや広告キャンペーン、女性ファッション誌、CM、書籍装画などで活躍。2004年から4年間、活動拠点をパリに移し、高級百貨店LE BON MARCH´E(ボンマルシェ)で個展を開催するなど、多彩な活動を行なう。パリ在住の経験を生かした著書、商品企画、フレンチブランドとのコラボレーションなどさらに活動範囲を広げている。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)